年収から見ると

愛知県名古屋市の企業から見る、ブラック企業とホワイト企業について

仕事がきついのは当たり前な話で

ブラック企業は若者を大量採用した後に過剰な労働量を押し付けて圧迫していく企業の事を指している、と一般的には言われていますが間違ってはいないでしょう。でも世間で言われているブラック企業というものの中には誰もが知っている超一流大手だったり、もしくは都道府県にある省庁などもブラック企業と言われています。公共機関である県庁やらが企業という概念に当てはまるのかは非常に疑問なところですが、それも正直何処までは本当なのか全くわかりません。県庁や市区村所というところはむしろ勤めていると一般企業とは比べ物にならないくらい快適で働きやすく、お役所仕事といわれているような業務内容であったりもするため、そういうところがブラック過ぎると取れるのかもしれません。言いたい放題という感じになっています、そもそもブラック企業といわれているような事をしているところは日本すべての会社において共通しているようなところもあるといえます。全てにおいてまっさらなクリーンを追求している会社なんてあるわけないでしょう、あったとしても確実に淘汰されて会社として存続していないといえます。ただでさえ様々な会社が乱立しているこの現代社会の中で競争心を追随していない会社など、その他の会社と比べて見たら一匹の蟻同然でしょう。蟻も軍を為して突撃すればどんな障害物も食い尽くすほどの力を有していますが、一匹の肉食に特化していない蟻では踏み潰されて終わりです。

ブラック企業といわれている会社の特徴といえるような大量雇用をしている企業を見ると、確かにむやみやたらに採用している、給与体系が始めから非常に優遇されているといったことで惑わせて、入社後に使い潰す勢いで圧力を掛けていく手法です。そのことに気付かないで給与など総合的に釣り合っていないのであれば、もちろん転職をする事をすることも手段の一つです。追求するならそういったところも意外とブラックかどうかというのは仕事をしている中で気付いていくものだと思います、それもこれも仕事を無くすことに対して消極的になっているというようなことだからなおのこと負の螺旋に飲み込まれているのかもしれませんが。

でもどんな企業に入ったとしてもノルマを課すところは通常運転であって、楽な仕事いわれているような仕事は基本的にないと見ていいでしょう。それもそうです、仕事をやり始めたときは誰だって知らないわけですから、そこから自分なりに成長していくという事をしていかないと足踏みばかりしてしまうわけです。そこでも意図的に仕事を教えないといったことなら問題で、さらに自分から質問しても蔑ろにされてしまうということも普通に考えたらありえませんが、そういったことがないのであればそこはまだ働いていけるだけの希望はあると思います。そしてこんな特徴は大手になればなるほど顕著に出てくるものではないでしょうか。

労働について真剣に考えてみる件

ブラック企業といわれているところが圧倒的に

ブラック企業と名指しされているところの中には大手企業も存在していますが、そういったところに就職するとその会社の業務内容というものは計り知れないものといえるでしょう。当然新人時代にその仕事を全てこなせるだけの力はないわけですが、仕事を段階的に覚えていける環境にあって苛烈な労働量に耐えられないのならそれも問題ですが、乗り越えられるのであればその先はまた展望が開けてくると思います。勤めている中で待遇が変わらないと宣告されているのならブラック企業と見なせます、しかし大手は基本的にそういった世間で言われているようなブラック企業並みの労働を従業員に基本的に強いているのではないでしょうか。その結果としてトヨタなどはアレだけの企業へと成り上がることに成功した、そう言えると思います。

ここで少し愛知県の話に戻して考えてみると、愛知県で最も年収の高い企業ランキングというものがありましたのでそれを見てみましょう。

  • 1位:1,158万円 中部日本放送
  • 2位:981万円 豊田通商
  • 3位:882万円 VTホールディングス
  • 4位:870万円 中部証券金融
  • 5位:849万円 ラクオリア創薬
  • 6位:840万円 エスポア
  • 7位:801万円 中部電力
  • 8位:780万円 デンソー
  • 9位:777万円 岡谷鋼機
  • 10位:751万円 大谷特殊鋼

このようになっています、先ほど紹介した愛知県内においてブラック企業だ!といわれている豊田通商やデンソー、中部電力などが年収は勤続した年月にもよるところになりますがかなり高額なものとなっていることが分かります。TOP10に入ることは叶いませんでしたが、11位にはトヨタ自動車がランクインしています。このランキングからその他の企業も見てみると例えば22歳で入社して3年間の勤務をすることになった時に年収を見てみると、そのほとんどが平均的といわれている年収額よりも高い傾向にあります。良いことではないでしょうか、やはり最低でも3年間は勤めるようにしなければいけないというのも分かりますが、ブラック企業の場合だとその3年間も酷使されてしまって勤めることが出来ないとなるのかもしれません。そうでないのに仕事が辛すぎるから無理です、というのは逃げなのかもしれません。

ブラック企業あるある

借りていると気になる利息について、フレンド田では目安となる学生ローン 利息表をサイト内ご用意しております。 こちらを一種の指針として、どうぞご活用下さい。
日本人スタッフ常駐、仲介手数料無料、下見も専用車で無料でご案内いたします!バンコク アパート探しはディアライフをご利用下さい。当社はうれしい仲介手数料無料!これからバンコクに住むという方必見の情報満載です♪

仕事なんて辛いのは当然なんですから、それを受け入れないといけないのも事実でしょう。ブラック企業などといわれている会社に勤めることになったとしてもその会社の業務量に耐えられるだけの精神力を持っているなら、頑張って仕事が楽になるように努力するのも求められているのではないでしょうか。結局一人で出来る業務量というものは決まっている事を考えたら無理しない量をこなすようにするのも、社会人として立ち回る方法だと思います。