働かないといけないから

愛知県名古屋市の企業から見る、ブラック企業とホワイト企業について

我侭を言っている場合ではない

ブラック企業だからということで働きたくない、その一言で働かなくてすむならいいでしょうがそんな事を言っている場合でもないでしょう。確かにその悪質な就労状況から裁判問題にまで発展して企業側に対して全面的に賠償するようにとの判決を下すような事例も存在していますが、それで潰れてしまったという会社があるでしょうか?ブラック企業として有名なところも多く存在している外食産業にしてもそうですが、そういった企業がではブラックだからということで働く人が来なくて倒産した、という話はほとんどないでしょう。企業体質を改善するようにと求められはするでしょう、実際に会社にもそういった改善をするように労働庁から勧告を受けるということもあると思います。でもそれでその会社に対して確かにブラック企業などと揶揄されることになりますが、それでその企業に就職しようとする人が減るのかどうかということについてはNOでしょう。

人の価値観というものは異なります、自分はそんなメディアなどで騒がれているようなブラック企業に就職したくないという風に考えている人も実際いるのかもしれません。そんな我侭がずっと通用できるような家庭環境にあるなら問題はないでしょう、しかし明日の生活もままならないような人からすれば少しでも収入という問題を考えてあえてそういった会社に進んでいこうとする人も中にはいるでしょう。なりふり構っていられない、明日からの生活を守るためにも何とか働き口を見つけないといけないと考えている人もいるはずです。そんな人達からすれば例え労働状況が悪くても、なんとか働き口を確保するという目的を達することが何よりも優先されます。

どうしてそこまでするのだろうと思いますが、それもやはり自分というものを維持していくためには金銭的な余裕が多少なりとも必要だからです。

労働について真剣に考えてみる件

正社員という羨望

会社採用の最終目標としてはやはり正社員、つまりは会社に雇用されている社員として働くことでしょう。アルバイトやパートの人達も雇用されていますが、その人達とは違って手当といったものが支給されて何より安定した生活を手に入れることが出来るきっかけになることです。私も父からは言われていました、

『どこでもいいから正社員になるようにしろ』

その言葉を聞いたときには何だかそれは採用された時点ですべての目的が達成されてしまっているのではないだろうかと疑問に思ってしまいました。確かに仕事というものは自分の志望していることが出来れば越した事はありませんが、中々そうもいっていられません。仕事内容に興味があるということで自分を適応させていくという仕事の見つけ方も手段の一つとしてはありでしょう。ただその場合は環境適合する事を得意としている人限定となっているでしょう。自分を周囲に溶け込ませる事を得意としていない人にとっては至難の業です、またこの時に絶対条件となっているのが『自分の意思を曲げる』ということです。我の強い人からすれば到底無理な話かも知れません、本当はやりたくない仕事だけど折角正社員になれたからという、理想と現実の軋轢に耐えることができずに壊れてしまうという人もいます。

そして何より強く左右することになるのが金銭的な問題です、ブラック企業と呼ばれている会社に就職するととんでもない事実を知ることになるといった事態が確認されているからです。

ブラック企業あるある

豊富な転職 女性情報と万全なサポートで最適な転職を支援します!

就労条件を都合の言いように隠している

皆さんは求人広告などを見るときに重要視している項目としてはどんな事を上げているでしょう、大半が業務内容と給与形態といったところではないでしょうか。ブラック企業と批判されているところによっては明らかに業務内容を詳細に説明していないといったことも確認されていますが、それは置いておきましょう。そんな事は働くことになったら必然的に知らされることになるからと受け入れるのもどうかと思いますが、問題は給与という問題です。

これは実際に起きた問題なのですが、とある飲食チェーンを経営している企業が勤めていた店員が無くなるという事件がありました。その裁判の折、この店員の就労条件を見るとそこに過度な労働を強いられていたということが発覚したわけですが、店員はそんな法廷として定められている時間外労働せざるを得なかった理由というものがあるからです。これは採用時に提示されていた給与体系についてですが、

新卒者の給与支払い例:19万4500円(内訳基本給+役割給)

傍から見ると別段問題はなさそうに見える給与形態のように見えますが、この『役割給』といったよく分からないものが事態を引き起こした原因となっていたのです。これを見ればそのまま毎月支給されることになるだろうと思いたくなりますが、実はこの役割給の中にはなんと会社側が毎月設定した残業をこなして支給されることになる時間だと、入社後の研修時に説明されたというのです。毎月所定の残業時間をこなさないと手当は支給されず、収入は大幅に減ってしまうということが発覚したのです。いくらこちらの都合に悪い情報を掲載することができないという求人広告の問題が絡んでいるからといって、これではまず毎月この値段が支給されることになると勘違いを起こしても何らおかしいことではありません。こういった事をしている企業は意外とたくさんあります。

残業する分については全く問題はないでしょう、ですがその残業することになる時間というものが問題となっているのです。会社側が指定した所定残業時間というものがなんと厚生労働省が発表している過労死することになる残業時間として提示している『80時間』としていたのです。無茶苦茶ですね、この時間毎月働かないと手当は支給されませんと明言しているため、新卒でまだまだなれない社会環境にあくせくしながらその店員さんは働くことになりますが、結果として僅か入社してから4ヶ月で過労から来る心臓の病気でなくなってしまったのです。その後遺族が会社側を提訴して最終的に最高裁までもつれ込みましたが、原告側の主張が全面的に認められる形で勝訴しました。その時にこうした事実が判明することになったわけですが、最近はこうした給与形態が完全にこちらが誤認してしまうような書き方をしているので、性格にいくら支給されるのかというのが全くわからないところがあります。こうした点からブラック企業は悪質だといわれるようになっていることの要因ともいえるでしょう。

しかしそんな事を気にしていられるほど生活が逼迫しているという人がいるからこそ、こうした条件でも飲み込んでしまっている人がいるという事を考えたらあえてブラック企業というものに取り込まれている人が減らない理由にもつながっていくのではないでしょうか。