細かく見ていくと

愛知県名古屋市の企業から見る、ブラック企業とホワイト企業について

現在の主力となっている産業はやはり第三次産業

ではこうした数値を元にして見ると、現在の名古屋市においてはどんな職業についている人が多いのでしょうか。これはそこまで追求しなくても分かるのですが、現在最も主流となっている産業としてはやはり第三次産業となっています。数値的なもので算出すると、全体の75,5%という数値をたたき出しています。第三次産業を行っているところは都市部になればなるほど企業の数としても非常に多いでしょう、地域の特徴として考えてもやはり中京圏最大の商業都市ともなれば観光客のことも兼ねた都市づくりを意識したら必然的に第三次産業を中心とした経済となるのは目に見えています。

では逆にその他の、一次・二次についても調べてみると、二次産業としてはまだ約25%の数値をキープしていますが、一次産業ともなると全体の0.3%という非常に微妙な数値となってしまっています。都市部になればなるほど自然風景が失われていくことになります、古代においてはまだ一次産業としてはまだまだ労働の要としている人も多かったと思いますが、それも既に昔のこととなってしまっています。

また第二次産業に関しては近くにある豊田市がやはり中心的に栄えていると工業地帯となっているのは言うまでもないでしょう。トヨタ自動車があるなどを考えれば、そういった方向へと仕事をしていきたいと考えている人はそちらの方に進路を考えた方がいいのかもしれません。そういわれて考えると関東圏に住んでいる人の中にはトヨタ自動車などに就職したいと考えている人は本社勤めを目指していると考えているのなら、こちらの方に引っ越してくるということもあるかもしれないですね。

どんな仕事に就くかは個人の事由によるところとなっているのが基本となっていますが、基本は外食産業なども含まれている第三次産業にて就労しているなどの人が大多数を占めているという風に見ていいでしょう。

労働について真剣に考えてみる件

どんな職種が人気が人気なのか

男と女という区別もありますが、個人によっては得意としている仕事というものが異なっているのは当然のことです。したくない仕事をしてお金をもらっているという人もいるかもしれませんが、一度そういった意識を持ってしまうとどうしても仕事がはかどらないとして迷ってしまう人もいると思います。また自分に適している仕事が人と同一という考え方も基本としてしている人は少ないでしょう。ではこうした状況から考えて名古屋市内において男女別に見たときにどんな職種が人気となっているのでしょうか。そこはやはり男女間での違いは生じています。

名古屋市内における男性が最も多く仕事をしている業界としては『電気・ガス・熱供給・水道業』の83.6%となっています。中々高水準ですね、こういう所に人気があるのもやはり基本的に大手ばかりが集中しているということも影響しているからかもしれません。その次に人気なのは『運輸業・郵便業』となっています、運輸に関しては仕事内容にもよりますが稼ぎがいいところが本当に良かったりします。そして郵便業についても安定志向を求めているという人には必須の職業なのかもしれません。その後に続くのが『建設業』となっています、これについてはやはり稼ぎを優先的に考えたときにい選ばれやすい仕事なのかも知れません。

では女性に人気のある職業としては『医療・福祉』となっています。定番的な安定職とも言えますが、現場で看護師として働いているならそこまで甘い環境ではないかもしれません。その次に就労している人の数が多い職業としては『生活関連サービス業・娯楽業』となっており、次に『宿泊業・飲食サービス業』となっています。女性が就いている職業についてはある程度予測できるような、安定的な職業ばかりが中心となっているのは確かです、最近では職選びの自由ということで今まで男性が行っていた職業を女性が、反対に女性が男性の職業に就くといったこともあるのでなんともいえないところではありますが、そういった時代になったとしても定職として安定しているものはいつになっても人材に事欠かない状況になっています。

ブラック企業あるある

その他の統計を見ると

男女という枠で名古屋市の雇用状況について話をしていますが、人間という生き物は生殖的子孫繁栄を目的にしている本能を携えているものです。要は結婚した後の生活で、子供が出来たというような単純な話なんですけどね。先ほどもお話しましたが、少し前までは女性は家を守っていることが当たり前、社会に出て働くなどもってのほかだなどと言われていた時代もありましたが、今でこそそうした考え方が消えたわけではありませんが、社会的地位を認められるようになってから女性もドンドンキャリアを積むことができるようになっています。極めつけは子供が生まれても育児休暇として給食することになるのは何も女性だけではなく、時には男性が取ることもあるのです。まさしくこれこそ現代的な様子だといえますが、休んだ後に関しては基本的に極力復帰するようにしているようです。

なぜかという理由は、それは働かないことには生活が安定しないからということです。旦那さんの稼ぎだけで生活することが出来るなら問題ないですが、給与が上がらないといった問題もある事を考えれば任せて自分は子育てに集中しよう、という気にはなれない人が多いのです。実際に夫婦世帯として計算されている人達の中で共働きをしている世帯は全体の半分弱も就労しているというのです、それだけ苦しいからこそ何とか頑張って生活水準を維持していこうと努力しているのでしょう。結婚してからが本番ですからね、それまでに予想もしていなかったお金などが掛かるという事を考えれば当然といえば当然かもしれません。

また最近では国際関係も危ぶまれていますが、中国や朝鮮系の外国人の就労者としてもそれなりの数の人が名古屋市で働いています。その大半が製造業を中心としているので、名古屋市だけに留まらずどこの地域でもこうした製造業に携わっている人の中で、中国・朝鮮系の外国人と共に就労している人も多いと思います。最近の情勢を考えると不穏な空気が増していますが、さすがにそこで就労している中国人などが一斉に退職して自国に変えるといったことになったら恐ろしいことになるかもしれませんね。ないとは思いますが、実際に近い将来として考えればありえるかもしれないと思えば国際的に常に闘争関係になりつつあることもあまり呑気に考えていられないかもしれません。